自転車購入への道(笑)<< | ひぱん日記TOP | >>自転車購入後の道(笑)

自転車購入への道 その2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

さて、概ね自分の欲しい自転車像が見えてきたので、プロショップを覗いてみた(笑)それでも、 行く前に一応Webサイトで取り扱い車種をチェック。

まぁ、いくつかのブランドを扱っている物の、自分の予算と折り合いが付きそうなのはGIANT社製のMTB。 RINCONBOULDER SEかなぁ....と。 サイズは18インチが良いかなぁ.......と

DSC00011 

お店の雰囲気は.....普通の自転車屋さんです(笑)気張ってないし、置いてある自転車も、シティユースから競技向けまで、千差万別。 お店の人も親切で、わしの英語に付き合ってくれました(笑)


さて、自転車自体、 時期的に2008年モデルも有るようなんだね......でも08モデルは07モデルに比べて.....高い!なぜ? と思いスペックを見比べると.....微妙にスペックアップしてます(笑)

まずBOULER SEはコンポーネント(ディレイラー)がAceraからAvilioに、フロントサスが80mmストロークから、 100mmストロークの物に変わってました。

RINCONRは2007年モデルから変更は無く、単にブレーキがDISCになったくらい。

んだもんで、選択肢が4つ有る訳ですよ。
2007:BOULDER SE $290
2007:RINCON $350
2008:BOULDER SE $330
2007:RINCON $420
....と。....当然価格の幅も広がります(笑)一応予算は$350なんで、この段階で、 RINCON(08)は脱落(^^ゞディスクブレーキは必需品では有りませんし....

しかし、 このクラスのMTBが$300程度なんて....20年前にクロモリ・ フレームのMTBを買った時は8万円位したもんなぁ.....

当初、考えていたのはBOULDER SE(07) 。早速在庫状況をチェックするも、18インチの在庫無し。 16インチじゃちょっとわしには小さいかなぁ.....メーカー在庫も不明の為、選択肢はRINCON(07)BOULDER SE(08)が良いねという事になる。ちなみに、 これらの違いは.....
・タイヤのサイズ(BOULDER SEは1インチ細い)
・パターン(BOULDER SEは街乗り向きパターン)
・リムの違い(RINCONはダブルウォールで強度アップ)
・フロントディレイラーの違い(AceraかC102か)
・ペダルの違い(アルミかナイロンか)
・ステムの角度の違い(10°か15°か)

と.....$20でこれだけ違うなら、 RINCONかなぁ....と思った矢先に在庫チェックしてる店の兄ちゃんが.....「...07のRINCON(18インチ)無いわ......08なら有るけど」








ぬわんですとぉ~~~~っ?!
気分はRINCONモードになりつつあったので、 結構ショック(笑)
どうしようか?!BOULDER SEモードに切り替えようとしているそばで、 兄ちゃんはカタログと在庫リスト見比べて怪訝な顔....どうやら、、在庫リストの記載が腑に落ちないようで、「ちょっと待ってて、今確認するわ......」 と、 倉庫に消えて待つ事1分......






「RINCON(07)、有ったよ」
.....とほっと一息。どうやらデータの入力ミスだったようで.....

一応取り置きをお願いし....明日購入.....かな?!



んで、次はヘルメット.....ヘルメットもバイク同様ピンキリで.....

兄ちゃん曰く.....値段=デザインと重さと涼しさ....と。 性能はどれもコレもあまり変わらないらしい。確かにヘルメットって蒸れるから、通気性を良くしないとアレだよなぁ....そか、 だから自転車用のヘルメットって穴だらけなんだ......と妙に納得。 通気口を開けつつ安全性能を保持するためのデザインを各社考える訳ですな。

ん~~~~、これはこれで、奥が深い.......

でも、ヘルメットは自分の自転車の用途からすると、どんなに高くて通気性の良いヤツ買っても意味がなさそうなんで(苦笑)、 スポーツ用品量販店で探そうかな....と。ま、自転車にお金出しちゃうから、ヘルメットは普通のにしておこう.......(笑)
#プロショップだと定価だから高い(爆)
#サイズと色も選べないし....


でも、このタイプのヘルメットって.....似合わなそう>わし(^^ゞ

カテゴリ

,



関連するかもしれない(笑)エントリー


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自転車購入への道 その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-hima.jp/blog/ctrl/mt-tb2-ohipan.cgi/584


コメントする



Google


BlogPet