スクールバス<< | ひぱん日記TOP | >>YMCAのコーチトレーニング

デジカメ比較

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先日のカナダ旅行。
実は我が家にある新旧2台のデジカメを駆使して(?!)写真を撮りました。

知ってはいたけど、メーカー、機種によって随分違うもんだなぁ.....と(笑)


以前、何かの記事で
紅葉を赤く表現したいときは、ホワイトバランスを「曇り」にすると、 より赤が強調される。というのを読んだことがありました。どれくらい強調されるのか? と思っていたら........

まずは旧型。あまりの起動の遅さに舌を巻き、現役引退気味のNIKON COOLPIX 885
DSCN0134 DSCN0133
左はWBオート、右はWBは曇り。
なんかオートの方は普通に紅葉が紅葉っぽく見えます(笑)全体的に良いバランスの絵作りだなぁ....と、 WB曇りの方は.....確かに紅葉がより赤くは見える....ふ~~~ん、 アノ記事は本当だなぁ....けど全体的に赤っぽくなって夕方みたい。どっちかと言うとWBオートが自然です。

一方、現在メインとして使用している、SONY P-100
DSC04244 DSC04245
同じく左はWBオート、右はWBは曇り。
どちらも全体的にが強い感じで、 WB曇りにしても紅葉の赤は強調されないけど、空の青さは非常に鮮明で、「をぉ!良い天気だなぁ!!」ってな感じ。 一方のWB曇りの絵は.....なんか、セピア調のフィルタでも掛けたらこんな感じ?ってなもんで、あまり良好じゃない....というか、 好きじゃない(笑)オートの方が見た感じもキレイ。

こう見ると、写真的にはCOOLPIX 885のWBオートが一番写真的には良い色遣いになっているんだなぁ.....流石カメラメーカー! とCOOLPIXの実力にビックリ。
COOLPIXを買った時の、 わしの選定眼は間違ってなかったんだなぁ.....(^^ゞ

けど、P-100は青が強い所為か?!全体的に写真がシャープに見えます。一方COOLPIX885は、全体的に赤が強いので、 空の青さが逝っちゃいます。つまりは.....





行き先、場面に応じて切り替えて使うと良い!





って事なんだけど、COOLPIXは起動に3秒以上.....シャッターチャンスを気にしない、 こういった風景以外には向かないなぁ....と(^^ゞ
ま、ソレが理由で、P-100に乗り換えたんだけど(笑)

それに、絞りやシャッター速度も関わってくるから、一概にどうこう言える問題も無いし、 今はレタッチソフトという写真加工ソフトもたくさんあるから、 あまり関係無いっちゃ~関係無いんだが....基本的にレタッチして印刷するする人ってあまりいないよね~~とか思ったり。そうすると、 デフォルト設定で何処まで自分の好きな絵(写真)が撮影できるかって、結構重要かなぁとか


.....だからといって、今更起動の遅すぎる(笑)COOLPIX885に戻る気もさらさら無く(爆)
けど、シーンによっては現役引退気味のCOOLPIX885もまだまだ使えることが判ったのは、 非常に嬉しい誤算。特にWBオートの全体的な色合いの良さは、 比べてみて初めて良さが判ったゾ

ちょっとは出動機会が増えそうです>>>COOLPIX 885.....(^^ゞ

カテゴリ

, ,



関連するかもしれない(笑)エントリー


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デジカメ比較

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-hima.jp/blog/ctrl/mt-tb2-ohipan.cgi/337


コメントする



Google


BlogPet